桜色の旋風

    ドラゴンネスト バルナックサーバ 社会人ギルド 桜色の旋風ホームページ

    | PAGE-SELECT |

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    続き書きましたー! 3つの頭の魔獣 第2話(小説)



    こんにちはーフィレです

    ギルド2周年を記念してケルベロスを題材として小説を書いてみました。
    今回は2話目になります。
    (登場キャラクターと実在のキャラは別人物でノンフィクションです)


    こちらは前回の第1話です。
    3つの頭の魔獣(第1話)

    ========================================



    3つの頭の魔獣(第2話) 


    わたしが受けた依頼はゴブリン討伐。
    受けた当時、ゴブリン退治はこの依頼しかなかった。
    1週間マローダの谷に行ってたけど、状況がこんなに変わってるなんて思わなかった。

    掲示板を見ると、びっくりする数の依頼が貼ってあった
    そのすべてが全部ゴブリンなんじゃないかと思うほど。。
    掲示板に貼る許容量を超え、掲示板の下に落ちている依頼書があるほど。


    キャデラックの様子は1週間前とは大きく異なっていた。

    ゴブリンの影響で物資の運搬ができず、品不足による物価高騰。
    普段武装なしで歩けた道でゴブリンに襲われた人達。
    店をたたんですでに引っ越しした人

    まともな状況じゃない。





    2.正体不明の敵

    ぐおおぉおーーー!!

    突如奇妙な雄叫びが聞こえた。
    えっ! キャラデラックの中に急にゴブリンが現れた!

    おかしい! キャデラックは砦。
    ゴブリンが近付いたら監視兵が気付き、
    すぐに討伐隊が向かうはず!
    誰も気づかないなんてありえない!

    町中の異常に気付いた兵達がゴブリンに向った。
    と、思った瞬間に吹っ飛ばされ、そのまま動かなくなった。

    「 いこー!」

    さっちゃんはみんなに防御バフのスキルを使った。


    「 みんなこっちに来てー 」

    ワンコさんは移動速度Upワックスを撒いた。
    さらにレテさんがスピブを唱える。
    4人は風のようなスピードでゴブリンのところに辿り着いた、

    大きい! 本当にゴブリンなの?
    しかも、早い!

    驚くことはこれだけじゃなかった。

    「 ミ・ナ・ゴ・ロ・シ・ダ 」


    え!? しゃべった! 
    ゴブリンの声なんて、ギャーギャー言うだけだったのに。。
    しゃべれるんだ。

    もう少し遠くにはもう一体の大きなゴブリンがいた。
    全部で2匹!

    「 あっちは任せてー!」

    レテさんはアクロモードに変身し、あっという間にもう一体のゴブリンの元へ飛んでった。
    さっちゃんもレテさんの方に向かった。


    「 ワンコさんとフィレさんはそっちよろしくねー 」


    「 はーい 」

    軽く返事を返し、ゴブリンのところへ走っていく。
    わたしはワンコさんとペアでこのゴブリンを退治することにした。


    「 あっ!、あの子供ヤバいですー!」

    「 ドコー?」

    ワンコさんがキョロキョロしてる。


    子供が逃げそこなって鍛冶屋の物陰にうずくまっている。
    ワンコさんにはまだ見えていないみたい。

    やばい!

    ゴブリンがその子供を見つけ走り出した!
    とっさにファイアーボールの詠唱に入るわたし

    「 炎の精霊よ!我に力を! 」


    「 ワンコさん!、そっちに立っててください! 」

    わたしはワンコさんの立ち位置を変えるようお願いをする。


    「 ん???」

    ワンコさんは不思議そうに言われた場所に移動した。


    魔力の溜め時間は0.5秒ほどに抑えておく。


    「 ワンコさん、あの子供を助けて!」


    と言って、わたしはワンコさんに向けてファイアーボールを至近距離から直撃させた。


    どかぁーーん!


    「 #$%&$##--!! 」 

    と言葉にならない声を出しながら、わたしのファイアーボールに吹き飛ばされ、
    子供のところに飛んでいくワンコさん。

    ゴブリンが大きく振りかぶって子供を攻撃した瞬間、そこに子供の姿はなかった。
    キョロキョロと不思議そうに当たりを見渡すゴブリン。


    「 すごい! ワンコさん! さすが! 天才!」

    ワンコさんは吹っ飛びながら状況を把握し、
    目の前にいる子供を確保。
    でも、ちょっとムッとしている様子w

    ごめんなさーいw


    ここからファイアボール撃ってゴブリン狙うと
    子供怪我しちゃうし。。
    あとスピードが速いから避けられちゃうと思ったんですよね。

    「 ぐごぉーー!」

    雄叫びをあげながら高速ジグザグ移動で近付いてくるゴブリン。

    早い!

    うんと、こんなときは。。

    「 砕けよ! 」

    わたしはスタッフを左から右に薙ぎ払った。
    氷の粒と霧がプチブリザードのようにゴブリンを包み込む。

    わたしはエレの基本である鈍足スキル、アイシクルスピアを使った。

    パキパキ


    アイシクルスピアの氷により、ゴブリンの表皮が固まっていった。

    「コ・ン・ナ・モ・ノ!」

    またゴブリンが喋った!
    すごーいw

    ちょっと関心しながら次の魔法の詠唱に入るわたし。
    スピアの鈍足が効いても、このゴブリンの速さだとまだまだ不十分。
    でもこれは牽制と次の魔法の為の準備に過ぎない。

    「 アイシフレクション!」


    魔法を唱えた瞬間、一瞬でわたしを中心に霧の渦が出来始めた。
    それが一気に氷の波紋となり超高速で広がる!

    ばしゅ!

    「 ぐぉ・・」

    ゴブリンの動きが止まった。
    正確には超鈍足状態になった。
    凍結は即解除されることがあるけど、鈍足は解除出来ない為、
    状況によってはこっちの方が効果が高い。

    略称アイシフ。
    相手が氷による鈍足状態、または凍結状態のみに有効となるスキル。
    わたしはこのスキルをダメージ目的で使っていない。

    アイシフは唯一相手を2重鈍足状態にすることが出来るスキルで、これが真の性能だとわたしは思ってる。
    気をつけなきゃいけないのは、2重鈍足状態で他の鈍足スキルを
    使うと2重鈍足が解除されちゃう点。


    ゴブリンは2重鈍足状態となり、超スローな動き。
    ほぼ動けない状態だった。
    わたしはファイアボールの詠唱をしながらゴブリンの懐に潜り込んだ。

    「 ハァー! 」

    ブルーミングキックし、そのままダブルサマーソルトキックで空中に空高くゴブリンを巻き上げる!
    乾燥バッタを食べなくても使えるアクロのスキルだった。
    空中に巻き上げたのはキャデラックの町を破壊しない為。

    ダブルサマーソルトで頂点に達した瞬間、最大限に溜めた魔力で作ったファイアーボールを直撃させる!

    「 灰になりなさぁーーーい! 」

    ちゅごおおおぉぉーーーーーーん!


    ゴブリンの姿はそこには無く、塵となり消えた。


    「 ぐっど! 」

    と、ちょっとだけまたガッツポーズしてみた。


    もう一匹はどうなったのかな?
    と、レテさんの方を見るとゴブリンは倒れているようだ。
    あっちも終わったみたい。

    と思ってたら、ワンコさんが猛ダッシュしてそっちに向かっている。


    「 あっ! やばい! 」


    パーン!、パーーーン!、パーーン!

    と音が聞こえる。


    さっちゃんが倒れていた。

    そしてレテさんがハリセンでさっちゃんを叩いている。
    この音はハリセンで叩いている音だった。
    ワンコさんもオートマットを出し、ハリセンを出した。

    わたしも手伝わなきゃ!
    オートマットで出たハリセンも持ち、3人でさっちゃんをハリセンで叩き始めた。

    パーン、パパパーーン、スパーーン、パパーン

    さっちゃんは以前、踊り子のような格好をした正体不明の敵と遭遇した際、相手の呪術のようなものを受けこの状態になるようになった。
    体内の魔力が解放されなくなり、このまま放置すると危険とのこと。
    魔法を使うことで稀に発症する。
    こうなった場合は物理ダメージを与えて体内の魔力を解放するしかない。

    「うっ。。く。。」

    体内に魔力が溜まり、解放出来ないことに苦しむさっちゃん。


    早く戻さなきゃ!
    5分位必死に叩いてさっちゃんが正常な状態に戻った。


    楽になった顔をしてさっちゃんがお礼を言う。

    「 みんな。。ありがとう! 」


    とりあえず一安心。
    でも完全に直す方法を早く見つけなきゃ。

    今はハリセンを使っていますけど、以前はこん棒とか硬いもので叩いて治していたんですよね。
    でも痛かったらしいですw







    ゴブリンの騒動が静まり、避難していたキャデラックの人々が少しづつ戻ってきた。
    安心して急に泣き出す子供。 壊れた屋根を見に行ってる人。
    店の営業を再開する人。

    いつのまにかキャデラックの活気が戻っていた。


    「 少し落ち着いたかな。 フィレさんご飯ってもう食べた? 」

    わんこさんが言った。

    「 まだですー 」

    そういえば、わたしずっとご飯食べてなかった。。
    営業を再開しているお店を探し、ご飯にすることにしました。
    ちょっと落ち着きましたしw



    「 うーーんと、わたしこれー 」

    神奈川県名物サンマー麺!
    以前わたしの日記で紹介したこともあるラーメンなんですけど、
    予想以上においしいんですよね。
    ただラーメンにあんかけが掛かっているだけですけど、
    侮れませんw

    結構昔からあるっぽいですけど、わたしが初めて食べたのは去年位かも。
    敬遠してたんですよね。。 ゲテ物料理だと思いこんでました。
    サンマー麺ってこうだと思ってたんです。

    020701.jpg

    あるあるー!って声が出ると思ってたんですけど、みんなに話すと
    わたしっぽいって言われて笑われます。

    どんな感じか聞くと「 説明は難しいw 」って言われる。。
    なにそれw

    「 この件はマスターに伝えておいた方がいいかもね 」

    ご飯を食べながらさっちゃんが言った。

    「 だねー。大事になりそうな気がするよ。 」

    ワンコさんが同感とばかり首をコクコクと振る。


    さっちゃんはギルドで情報分析、アドバイス担当。職業はプリースト。
    名前は「瑞原」だけど、いつからか「さっちゃん」と呼ばれてる。
    連帯責任系で失敗して落ち込んでるとき、みんなは 「どんまい」で済ませちゃうんですけど、
    そんな言いづらいときでも、しっかりアドバイスするのはさっちゃんだけ。
    大失敗したときこそアドバイスないと成長できないですもんね。

    ワンコさんはプリーストとエンジニアのハイブリット。
    エンジニアの技とプリのスキルで、なばさんとは違った硬さ。
    なばんさんは防御力が高い。
    ワンコさんはダメージを受けても魔法で吸収しちゃうって感じかな。

    彼女募集中らしい。
    「 あなたは死なない、わたしが守るもの 」ってどっかで聞いた
    セリフを言うのが恒例w

    レテさんはアクロモードになっておいしそうにご飯を食べていた。。
    乾燥バッタ100匹入り雑炊ですって。。 わたし、絶対に無理。。


    「 マスターはもう知ってると思うにゃ!」

    レテさんの語尾に「 にゃ 」がついた。
    乾燥バッタをいっぱい食べると自然に語尾に「 にゃ 」が付くようだ。
    これはアクロ界の7不思議の一つだそうです。

    わたしはエレとアクロのハイブリット職ですけど、乾燥バッタは絶対に無理なのでその状態になったことが無かった。


    「 マスター情報収集早いですもんね 」

    わたしもうなずいて同意した。


    みんながマスターと呼んでいるのはギルドマスターの事。
    職は純粋なエレメンタルロード。

    わたしはエレの基本的なスキルの使い方はマスターから教わった。
    あと、仕事のやり方っていうか考え方っていうか、OJTしてもらって今のわたしに成長できたって感じかな。
    なので何かあるたびに相談しに行ってます。


    マスターは情報をいっぱい収集している。
    今回の件ももしかしたらもう知っている可能性は高い。
    聞いてみよっかな。

    あれ?そういえばあのゴブリンって何で急に町中に現れたんだろう。
    わたしはサンマー麺を食べながらふと思い出した。

    誰かがこっそりキャデラックに入れた?
    にしてはおかしい。

    じゃーどうやって。。
    しかも新種のゴブリン。


    キャデラックのゴブリン事件に謎が残った。







    草一本の植物も生えていない、岩だけがごつごつと転がる山。
    風が吹くたびピーっと笛のような音がする。
    岩で囲まれた地形が自然に笛を作った音だった。

    ガシャガシャガシャ

    鎧の崩れる音がしている。

    ドサドサッ

    人が崩れて落ちていく音だった。
    声を一切発せず静かに倒れていく。




    「 やばいぞ。。 この敵。。」

    「 あぁ。。ありえないな。。」

    「 消える?、止まる?、急に現れる!?」


    ミラさん、コウガさん、エメさんが目の前にしてる敵はヤギの頭のような魔術師

    目の前に城の兵達が動けなくなっている。
    すでに100体の兵は死んでいる。
    残りの兵は50人程。
    いずれも動いていない。

    残りの兵は死んではいなかった。
    ただ、まるで時間が止まったようだった。
    (続く・・・)





    押していただくとランキング投票に1票入ります
    ドラゴンネスト・攻略ブログ
    スポンサーサイト

    | 小説 | 00:23 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

    3つの頭の魔獣 -異変-(小説)




    3つの頭の魔獣

    あたり一面に鳥の声、さわやかな風が吹き抜ける。
    標高は低めで山道も歩きやすい。

    昔ここはハイキングコースに使われていた。
    今は誰も行かない。誰も来ない。

    数年前からモンスターが生息するようになった為だ。

    ここはマローダの谷。


    1・異変


    ちゅごぉぉーーーーん!

    大きな音が鳴り響いた。

    鳥たちが一斉に飛んで逃げだす。
    あたり一面には焦げた臭い。

    わたしの得意な必殺技、ファイアーボールをゴブリンンの群れに命中させた音だ。

    ちょっとずれた!

    まだ大型が残ってる!
    もう一発いかなきゃ!

    わたしは周りの木々を蹴りながら上に登り、一番高い木の上からジャンプ。
    空高く空中に飛びながらファイアーボールを打つ詠唱をする。

    「 炎の精霊よ! 我に力を!」


    今度は3秒以上魔力を溜める。


    限界に溜めた魔力で作られたファイアボールを空中から地面に向けて撃つ!
    狙いは敵ではなく、その後ろの地面!

    「 いっっけぇぇーー !」



    どごおぉぉおぉーーーーーーーん!


    地面は大爆発を起こした。
    ゴブリンはもちろん全滅w

    このファイアーボール、ターゲットへの誘導性が全くない。
    ただ目の前のカーソルの方向に放物線上に飛んでいき、重力に引かれて落ちていく。

    なので直接当てることはものすごく難しく、まず当たらない。
    地面に当てた爆風で攻撃すると命中率が高いので、地面に当てる方法がセオリーとなっていた。

    地上から打つと軌道の計算をしなきゃいけないけど、
    空から下に撃てばそんな計算は不要!
    だから空から撃っちゃったw



    「やったぁーー!! これで120金ゲットw」


    腕をちょっとだけ曲げてガッツポーズ。
    これ昔からのクセなんです。

    でも、テンション低い時はしません。
    だからかな? 機嫌わかりやすいって言われてる。。
    わたし、そんな単純じゃありませんw



    わたしの名前はフィレシア。
    みんなはフィレって呼んでます。

    職業はエレメンタルロードとアクロバットのハイブリット。
    ただ、ハイブリットって言ってもほぼエレメンタルロードなんです。

    アクロの試験には合格したんですけど、アクロって乾燥バッタを食べるのが習慣なんですって。。
    理由は体を軽くするためってのもあるみたいですけど、なんかよくわかりません。
    要するに仙人に近い生活をすることで、高度な体術スキルを使えるようになるみたい。
    詳しくは知りません。

    でも、そんなの無理。。
    だからアクロは途中で辞めて、エレメンタルロードに転職しました。
    わたし、ゲテモノ系とか納豆と同じ位ダメです。

    あ、納豆は嫌いじゃなくて、無理なんですw


    バーーン 

    わたしはギルドハウスの扉を勢いよく開けた!

    「 ただいまぁーー!」


    この世の中にはギルドと呼ばれる組織が星の数ほどある。
    少数のところもあれば、大人数のところも。

    それぞれ色んなギルドスタイルがあるみたい。
    ギルドは主に依頼者からの依頼を対応する組織って感じかな?

    その成功報酬でギルドの運営がされているところがほとんどみたい。


    依頼内容は色んなのがあります。
    電球を取り換える依頼とか、豚や牛の世話を1日だけやる依頼とか、
    今回のわたしが成功した依頼のようにモンスター討伐とか。

    難度が高いと報酬が増えるって感じですねw

    わたしの所属するギルドの名前は「 桜色の旋風 」

    略称名は「さくら」。入ってからもうすぐ2年になるのかな?
    2年って結構長いですよねw


    「 すまさん、やりました! すまさんの情報どおり!」

    ギルドハウスに戻り、一番奥にいるすまさんとこへ走っていくわたし。



    おかえりー と言いながらカップラーメンを食べているロビンさん。
    またそれ食べてるんだ。。

    なんか、この人朝から一人でキムチ鍋とかいっつも健康に悪そうなんですけど、
    健全らしいですw 変なのw

    そんなロビンさんの職業はソードマスターで、書いている日記は同職仲間の中では特に評判みたい!
    ロビンさんの雰囲気よくでてますもんねw


    その隣でなばんさんは武器を一生懸命磨いていた。


    「 おかえりー」

    この人はわたしと同じハイブリット職業で、マーセナリーとエレメンタルロードのハイブリット。
    推定物理防御がなんと17000!!

    もう、硬くて1:3でも勝っちゃうことあって正直びっくりカッチカチ人間ですw
    大昔はこの世界でディレイNo1のスキルの持ち主だったこともあるみたい。
    すごぉ。。
    わたしの知らない時代w



    「 すまさん、ゴブリンあそこにいました! 」

    わたしが結果報告したこの人は「すまいりー」、
    みんなは「すまさん」と呼んでる。

    職業はプリーストで、ギルドの守護神。
    動物と話せる特殊能力を持っていて、今回の依頼の対象である
    ゴブリンが潜んでいる場所を小鳥たちから聞いてくれたんです。


    「 よがったねー %&$#んだばー&$$#そったらごたら 」


    あ、またお酒飲んでる。。
    チャットで酔っ払っているのがわかるってのも不思議ですよねw

    大丈夫かなぁ。。
    最近飲みすぎな気がする。
    体内の水分がお酒になってるから、きっと体に火をつけるとよく燃える思いますw

    うーん会話無理かな。。
    今映画もみてるみたいだし。。



    「 よし、依頼主のとこいって報酬もらってきますねー 」

    わたしはギルドハウスを出て早々に依頼主のところに向かった。

    今回の依頼主はキャデラックにいる。









    キャデラックに着くと、町中がなんか騒がしい。
    なんかあったのかな?

    ふと見ると、同じギルドの仲間が情報集めをしていた。

    さっちゃん、わんこさん、れてさん、だった。


    「 なんかあったんですか?」

    と聞くと、れてさんがこう言った。


    「 ゴブリンが大量発生しているらしい。 
    情報を集めると推定1万はいることになる 」


    えぇぇーー!!!  いちまん!

    わたしがさっきやっつけたゴブリンの数は12。
    中々姿を出さなくて、見つけにくいことから少し難度が高く、報酬も120Gとちょっと高めだった。
    他ギルドはゴブリンを見つけることができず、わたしはすまさんの動物と会話の力を借りて
    やっと見つけることができたんです。

    でも規模が違う。。 1万って。。
    しかも、どこにそんな?
    12匹だってやっと見つけたのに。。


    れてさんは変身の特殊能力をもち、ギルド内で唯一特定職業を持たない人。

    子供から色気ある女性までと何でも変身できる。
    そして、どの職業のスキルも使うことができるほど超万能。

    あまりにも変身が上手いので、わたしが狩りしてると野良の人から「れてしー?」
    って聞かれることがあるほど。
    どういうことかというと、どうも変身することが多くて
    桜のギルドの人は全員れてさんじゃないのか?
    と野良の人に思われてるらしいw

    どんだけ変身してるいるんですかーw


    続けてれてさんが話す。

    「 どうも、伝説だと思っていた魔獣が復活して本当にいるらしい。。その影響かもしれない」



    魔獣。。
    わたしはストーリーを良く知らない。
    だって、いっつもスペースキーを押しっぱなしですから。。

    だからこそ、純粋なストーリーに影響されることなくお話を書けるだと思います。

    うんと。。運営さんごめんなさーいw


    さらに続いてれてさんが話す。

    「 いつもの変身で城に潜入して聞いたんだ。。 城の部隊が魔獣討伐に行ったら全滅したって。
    一人だけ瀕死で城に帰ってきて、最後にこう言ったみたい。」

    ・3つの頭。見たことがないほど大きい。
    ・炎と氷と雷 
    ・雷は絶対に避けれない 



    え??
    全滅? 3つの頭? 絶対に避けられない雷?


    城の兵は主に槍が武器の兵士。
    わたしの先輩が宮廷魔術師として仕えてますけど、ソサ系もいったのだろうか?


    一般兵は弱くはない。Lv32のヲリのレベルは持っている。
    20人でいったらしい。。 でも全滅。。



    伝説の魔獣。。

    そんなのもし本当にいたら倒せるわけない。。
    (続く・・)


    こんにちはーフィレです。


    うんと、もうすぐわたしたちのギルドが2周年なんです。

    2年って結構色々変わるんですよね。


    変わらない人ももちろんいます!
    現状維持は幸せですw





    ネットゲームってすごいんですね。。

    わたし、ドラネスがほぼ初めてなんですけどゲームじゃなくて
    一つの別の世界が本当に存在しているように見えますw

    物価上がるとか、下がるとかもあってリアルそのもの。。


    始めたきっかけはちょっと特殊かもw






    仕事が年末からずーーーっと忙しかったんですけど、一段落できて
    今日2時間暇だったんです。

    なんか、書いてみよーーって思って仕事中2時間でノベルって書いてみましたw



    あ、

    もちろん、ノンフィクションです。
    書いてある実在の人物と実際の人物はイコールではありませんw



    わたし、仕事はITなんですけど文系出身なんです。
    学んだ中で小説の書き方とか一切ないです。

    概論レベルで全く役にたちませんw
    なので、書き方とか全く知らなくて、素人です。
    思ったまま書いて修正ほどほどw

    10分でブログ書くとき見たいに後戻りしないってスタイルを取りました!





    2周年なので、ギルドの雰囲気を紹介文じゃなくて、
    もっと上手く表現できないかな?って思って、小説の形で書きました。

    初めてですけどね。。




    うんと。。

    頭の中ではもうケル討伐まで出来てるんです。



    でも、上手く文章で表現できるかなぁ。



    がんばってみよー



    押していただくとランキング投票に1票入ります
    ドラゴンネスト・攻略ブログ

    | 小説 | 01:05 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

    | PAGE-SELECT |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。